タオルケットは布団を保護するもの

寝るときの寝具として定番は布団と毛布であり、タオルケットという存在は忘れられがちとなっています。実際、タオルケットを使用するのは殆どが毛布一枚でも暑く感じる夏の季節で、毛布よりも薄いタオルケットを掛けるだけで寝る場合ぐらいでしょう。
確かに夏の寝具としてタオルケットは最適であり、薄く通気性が良いため非常に涼しく、また吸湿性も高いため暑さによる大量の汗も吸い取ってくれるためすっきりとした寝心地が得られます。

そして暑い夏が過ぎ去れば真っ先にお蔵入りとなるのもタオルケットです。夏も終ったためタオルケット一枚ではとても寝ることはできないからですが、なぜここでタオルケット一枚で寝ることが前提となっているのでしょうか。

タオルケットのみでは無く他の布団や毛布と組み合わせることで、夏以外でも快適な寝心地を手に入れられる可能性があるのです。
前述したようにタオルケットの利点は吸湿性の高さであり、寝ているときにかいた汗を吸い取ってくれます。そして薄いタオル地だからこそ手軽に洗濯機で洗えば直ぐに清潔な状態に戻せることが大きな利点です。これが毛布や布団ならば、汗を吸収するもののその水分は徐々に内部に蓄積し、どんどん布団を湿らせ硬くしてしまいます。そして分厚い布団は手軽に洗濯も難しく、せいぜいそのまま干して日の光で湿気を取るぐらいしかできないのです。

そんな布団に汗を吸収させる事を防ぐ為に間にタオルケットを挟むことで、布団を保護し、布団や毛布が湿り、硬くそして臭いが発生する事を防ぐ事が可能となります。