ボディタオルは粗さにこだわる

通常のタオルならば触れたときの柔らかさや吸水性で選んでまず間違いは無いでしょう。

しかし、数あるタオルの種類の中で、ボディタオルだけは柔らかさでも吸水性でも無く、織り目の粗さで選ぶことがお勧めです。
本来のタオルを選ぶ基準としては真逆とも言えますが、これにはボディタオルの本来の役割が大きく関わってきます。
バスタオルやスポーツタオルなど通常のタオルの場合、その役割は汗を吸い取り、汚れを拭き取ることが目的ですが、ボディタオルは汚れを拭き取ることは必要でも汗や水分を吸い取る必要は全くありません。

そもそも入浴時に体を洗う為のタオルであり、使用する前にお湯に浸して絞った状態で使うのが正式なボディタオルの使い方です。
このようにボディタオルに吸水性という要素は全く必要では無く、いかに体を洗う際に汚れを拭き取れるかが重要となります。また、石鹸やボディソープなどを使用して体を洗うことから、そうした洗剤が良く泡立つようにやはり織り目の粗い方が適しているのです。もちろん、目の粗い方が入浴時に体を洗うのに適しているというだけで、必ずボディタオルはそうでなければならないということではありません。

あまりこだわりが無い人ならばボディタオルも通常のタオル地と変わらないものを使用しているでしょうし、そもそもボディタオルという種類では無く通常のサイズのタオルで体を洗っている人も多いでしょう。しかし、限られた入浴時間で迅速に体の汚れを効率よく落とすためには、より汚れの落としやすい粗さのあるボディタオルであるのが望ましいことも事実です。