手や顔を拭く小さなタオルはデザインも重要

洗面所など自宅ならば備え付けのタオルが当然のように用意されてますし、施設などのトイレや洗面所でも最近ではペーパータオルやハンドドライヤーなどが備え付けられています。

そのため手や顔を洗う際に自前のハンカチなどを用意する必要性が薄れているとも言えますが、それでもやはり汗や汚れをいつでも拭き取れるようにハンカチを携帯しておくことは必須の身だしなみでしょう。
ただ、異常なほど汗かきであったり、仕事などで尋常では無いほど手が汚れてしまう場合などとても薄っぺらなハンカチでは対処できません。

そこで必要となるのがフェイスタオルやハンドタオルなど手や顔を拭くために最適な小さなサイズのタオルなのです。
ハンドタオルなど、ハンカチと殆ど変わらない小ささでありながら布地がより水分を吸収するタオル地であり、吸水性は通常のハンカチとは比べものになりません。また、ハンカチのように目が細かく無いため、どんなしつこい汚れでもこそぎ落とす事が期待できます。
そんなハンドタオルよりも少し大きめとなるフェイスタオルでも同様です。スポーツなどでは無く、単なる外出先で手や顔の汗を拭き取るためのバスタオルとして最適な性能を持っていますが、外出用だからこそ他のタオルよりも重要な注意点が出てきます。

外出し、人前で使用するからこそハンドタオルやフェイスタオルは他人の目からも恥ずかしくないようなデザイン性が要求されるということです。それこそハンカチのようにおしゃれなセンスが要求されることになるでしょう。