タオルの使用目的に応じた最適なサイズ

汚れを拭き取り、水分を吸い取るタオルの役割から考えると、大は小を兼ねるという格言のようにバスタオルのような大きいサイズさえ用意していれば良いと思う人も多いでしょう。しかし、余りに大きいバスタオルでは、人目のある場所で顔や手を少し拭くだけなど周囲に目立ち、取り出しも面倒になってしまいます。

場所や状況によってそれぞれ使用目的に応じた最適なサイズのタオルを用意するのが一番合理的なタオルの選び方でしょう。
前述したような、手や顔の汗や汚れを拭くためのタオルならば、まるでハンカチのような小さなサイズのハンドタオルが適しています。そしてバスタオルのような大きいサイズのタオルは、風呂場など入浴後の体の水分を拭き取るためにこそ使うものであり、海やプールなどの例外を除いては人前で使うようなものではありません。

またスポーツなどで大量の汗をかく際に使用するタオルにしても、確かに大量の汗を吸い取るためにバスタオルのようなサイズが必要となるかもしれませんが、スポーツの合間に短い時間で汗を拭き取り、また自分の手で水道水でぬらし絞ってからまた使用することを考えれば、バスタオルよりも小さめのタオルを選んだ方が使いやすいでしょう。

洗面所や風呂場、スポーツをする場所など状況だけでこれだけのタオルの選ぶポイントがあり、さらにその人の汗をかく体質の違いや、生活で汚れる頻度の違いなどで必要となるタオルのサイズはやはり異なってくるのです。