使用する場所や状況によってはおしゃれ要素も

タオルを実用目的だけで考えるならば、そのタオルのカラーリングは清潔さを感じさせる白一択となるでしょう。

白という色はそれだけで清潔なイメージがあるだけで無く、小さな汚れも目立つため、使用した際に汚れを拭き取ったことが見た目にもわかりやすく、実にタオルの実用性にあった色合いだと言えるのです。
しかし、それはあくまでタオルを使用する本人の目線のみであり、他人の目からタオルを使用する姿を見られる状況を考えるとどうでしょう。白い清潔なタオルを拭く度に汚すさまを見られたり、すでに使用済みで白い故に汚れの目立つタオルを再度使用する場面を見られることは決して良い印象を与えるものではありません。
単に汚れや汗を拭き取るタオルでも人目があるような状況では見た目にも気を使う必要があるのです。

見た目とはいってもそれはおしゃれ要素のためというわけでは無く、拭き取る汚れを目立たなくする目的の方が大きいでしょう。白ではなく別の色、それこそ黒や茶色などの暗い色彩のカラータオルならばどんな汚れも目立たず拭き取ることができます。
拭き取る汚れの色の傾向が事前に予測できれば、その色に合わせたカラーのタオルを使用するとより効果的です。

勿論色でごまかすというだけで実際には汚れを拭き取り、タオルは汚れていくのですが、それを他人に悟らせない事が、人前で使用するバスタオルの大切なポイントとなります。そして汚れを目立たなくする効果があるならば、ただ色を変えるだけでは無くおしゃれなデザインがプリントされた派手なタオルを選ぶのもお勧めです。