タオルで重要なポイントは触り心地

現代人の生活において決して外せないものの1つがタオルであることは間違いないでしょう。毎朝の顔を洗うとき、そして汚れた手を洗うときなど洗った後に濡れた顔や手の水を拭き取るのにタオルはどうしても必要不可欠です。

特に入浴後など全身をぬらす水分を拭き取るためにかなり大きめのタオルが必要となります。
このように体の濡れた部分を拭き取るために使用するタオルは、使用する度にその人の肌と触れ合うものであり、拭き取る際の使用感はそのタオルの触り心地に大きく左右されることになるのです。
タオルの触り心地はもちろん使用される素材によるところが大きいのですが、それと同じくらいに織り方により大きく左右されることになります。この素材と織り方が左右する触り心地とは柔らかさと乾燥です。

そしてそのどちらもタオルの吸水性に大きく関わってきます。
大量の汗や体についた水分を拭き取っても吸水性の高いタオルならばその柔らかさを保ち、タオルの表面に濡れたべたつきを感じさせないのです。逆に吸水性の低いタオルでは、少し体を拭いただけで水分でべちゃべちゃになり、使うほどに急速に触り心地が悪化する使いづらいタオルとなってしまいます。

触り心地の良いタオルというものはどれもふんわりと柔らかく吸水性の高いものが殆どです。
タオルを選ぶなら何よりもまず直接タオルを触って、その触り心地の良さから、吸水性などのタオルの性能の良さを確認するように選ぶと良いでしょう。